女性向けAVの作り/エロ動画で楽しもう!北野翔太さんなどエロメンの魅力とは

エロ動画で楽しもう!北野翔太さんなどエロメンの魅力とは

ノートパソコンを使う人

女性向けAVの作り

スマホの層さ

実はオナニーをする際に観るエロ動画で、男性が観るのでは気持ちよくなれないという女性も多く、そういった女性は「女性向けAV」であれば満足ができる。という話も聞きます。
実際、エロ動画の満足度では9割が男性用でなく女性用で満足しているというデータもあるほどです。個人的には1割の女性が気になりますが、まあそれは置いといて、それほどまでに女性を惹きつける女性用AV。
男性用と一体何が違うのでしょうか?

まず違いとしては女性向けAVは、ストーリー仕立てになっているという特徴があります。ストーリーといえば男性用のものにもありますが、その内容は大きく異なり、例えば男性のストーリーですと
「一人で居る奥さんの元へエアコンを直しに来た業者が、何かの拍子で奥さんが使ってるバイブを発見し、おくさぁ〜ん…と迫ると、奥さんも欲情して」というものだったりします。
なんともご都合主義な印象がぬぐい切れない感はありますが、まあAVでありエッチがメインなのでそこらはどうでもいいと言えばどうでもいいとスルーできてしまうのが男性ですが、女性はそういうわけにはいきません。
女性向けAVでは、そのストーリーは男性ものの比ではありません。男女の出会いから恋愛模様をしっかり描き、葛藤などの心の描写から結ばれていく様を事細かくみせてくれます。
なので、エッチシーンでは「ああやって結ばれた二人がエッチしてる」という感覚で見ていられるので、感動すら味わえるのです。
男性にしてみては「そんな暇あるならエッチなシーン撮らんかい!」と思うでしょうが、そここそが男女の違いともいえますね。
目で楽しむ男性と、心の繋がりを第一とする女性の楽しみ方の違いがはっきりと出ていると言えます。

こういったポイントこそが女性向けAVの人気の秘密でもあったのです。